編集部ブログ
【連載】すぐわかるWindows7

2010年7月21日(水曜日)

【連載】すぐわかるWindows7 第8回 インターネットオプション<2>

本ブログでは、新OS「Windows7」の基本操作&快適設定を、連載でご紹介していきます。

 第8回の今回は、前回に続いて、Windows Vistaで格段に向上し、Windows7ではより見やすく強力になった「セキュリティ機能」のなかから、IEやネットワーク全体のセキュリティ設定、個人情報の管理などの設定項目を集めた機能「インターネットオプション」(第2回目)について解説します。

IO-00.gif
※なお、この連載で掲載している画面はクリックすると拡大されます。

●危険なサイトを 「制限付きサイト」に登録する
前回の「安全なサイトを「信頼済みサイト」に登録する」では、安全であることがわかっているウェブサイトを「信頼済みサイト」に登録する方法を解説しましたが、逆に危険であることがわかっているサイトを「制限付きサイト」に登録することも可能です。「インターネットのプロパティ」の[セキュリティ]タブで[制限付きサイト]を選択し[サイト]をクリック。「制限付きサイト」画面で❶URLを入力し、❷[追加]をクリックします。

IO2-01.gif危険なウェブサイトを登録しておけば、IEの各種セキュリティレベルを高めた状態でアクセスできる。
 

●IEの「保護モード」を 有効にする
 IEの「保護モード」とは、ネットから不正プログラムが侵入を許してもパソコン全体が乗っ取られるのを防ぐための機能。保護モードが有効な状態では、IEで書き込みができる範囲が限定されます。標準設定ではインターネット上のウェブサイトを開くときは保護モードが有効ですが、「ローカルイントラネット」「信頼済みサイト」では保護モードが無効になります。

IO2-02.gifインターネットオプション画面の❶[セキュリティ]タブで❷[保護モードを有効にする]にチェックを入れる。
 

●セキュリティレベルをカスタマイズする
「インターネットのプロパティ」画面の[セキュリティ]タブでは、インターネット上のサイトは3段階、ローカルイントラネットと信頼済みサイトについては5段階でセキュリティレベルを設定できます。また、使い方によっては特定の機能やコンテンツだけを有効/無効にできます。
 ❶設定したいゾーンのアイコンを選んで、❷[レベルのカスタマイズ]ボタンをクリック。

IO2-03.gifセキュリティレベルを細かく指定したいときは、ゾーンを選んで[レベルのカスタマイズ]ボタンをクリック。
  「セキュリティ設定」画面が表示され、❸数十の項目について「有効にする」「無効にする」「ダイアログを表示する」の3つから設定できます。設定を元に戻したいときは、「リセット先」で❹設定したいセキュリティレベルを選んで、❺[リセット]ボタンをクリックします。

IO2-04.gif数十の項目について個別に設定を変更できる。元に戻したいときは[リセット]ボタンをクリックする。
  また、特定のゾーンについて初期設定に戻したいときは、前の画面の❻[既定のレベル]ボタンをクリックします。


●「プライバシー」レベルを変更する
 一部のウェブサイトはユーザー情報などを「Cookie」(クッキー)というファイルに保存しておき、そのファイルを読み出すことで高度な機能を実現しています。ですが、クッキーを悪用すればウェブサイトの履歴を収集することも可能です。そのため、クッキーの利用に関するセキュリティ設定を見直しておきましょう。
「インターネットのプロパティ」画面の❶[プライバシー]タブを開き、❷スライダーを上下にドラッグして、クッキーの利用に制限をかける強度を変更。標準状態では「中」になっていますが、「低」や「すべてのCookieを受け入れる」になっていた場合、スライダーを上げて、セキュリティレベルを上げておきましょう。
 なお、レベルを上げると安全性は高まりますが、一部のサイトが正しく閲覧できなかったり、利便性を損なうことがあります。「中」か「中−高」に設定しておくほうがいいでしょう。

IO2-05.gifCookieを受け入れる方法を6つのレベルから設定できる。
 

●特定のサイトのCookieを許可/ブロックする
 クッキーは通販サイトのショッピングカートなどにも利用されています。そのため、安全性を重視してクッキーの利用に制限を強くしすぎるとそれらが利用できなくなります。
 その場合、特定のサイトのみクッキーの利用を許可するといいでしょう。「インターネットのプロパティ」画面の[プライバシー]タブを開き、[サイト]ボタンをクリック。❶許可するURLを入力して❷[許可]をクリックすれば、登録したウェブサイトでCookieが制限なく利用できるようになります。
 また、この画面でURLを入力して❸[ブロック]をクリックすると、そのURLのウェブサイトではクッキーを利用できなくなります。危険なサイトもここで指定して、ブロックしておきましょう。

IO2-06.gif
  

【次回予告】
セキュリティ機能の「インターネットオプション」(3回目)を解説します。


※本記事は、『すぐわかるSUPER Windows7 1000技+α』を元に編集・再構成したものです。

『すぐわかるSUPER Windows7 1000技+α』
価格:1,764円(税込み)
アスキー書籍編集部(著)
⇒アマゾンでのご購入はこちらから!


<< 前のページへ
次のページへ >>

編集部ブログ

カレンダー

<<2014年2月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
最新の記事
過去の記事
カテゴリー
投稿者